WebサーバにVPSがあっている理由

Webサーバを建てるには自前でサーバを用意してもいいですし、レンタルサーバでもWebに特化したサービスが沢山あります。それでもVPSサービスが適している理由がいくつかあります。

1つはサーバ構成が自由であることです。
レンタルサーバの場合は決められたアプリケーションを使わなくてはなりませんが、Webサーバについても数種類ありますし、それぞれに用意されている追加モジュールは数え切れないほどあります。それぞれ目的に合わせて適切なWebサーバを作っていけるのでVPSサービスが重要です。

物理サーバでも同様のことができますが、外部に公開するウェブサービスならグローバルIPが必要ですし、ドメインはプロパイダに繋いでいる物理サーバでは設定できないことが多いです。VPSサービスは外部に公開するのが前提のサーバです。また、自宅で用意する場合は電気代等も問題となります。

24時間稼働が前提ですから電気代、サーバ故障時のメンテナンス代を考えるとVPSサービスは決して高くありません。

BIGLOBEニュースの情報が必要な方必見です。

また、競争が激しいので価格が下落してきており、特に上位プランの価格の下落が激しいです。



下位プランについては価格は落ち着いていますが、コアの速度やメモリ量やハードディスク量などが同一価格でグレードアップしてきています。
サーバOSについてもWidnowsが使えるサービスも増えてきており、また、Linuxのさまざまなディストリビューションを使えることもメリットです。



関連リンク

  • VPSサーバは物理サーバと同様に自由なサーバとして人気が出ていますが、サーバなので管理が大変であると心配されることがありますが、VPSサーバの管理は知見が多くあるので問題なく運営できる方が多いです。VPSサーバの管理は主に3つに分けられます。...

  • SNSはFacebookやmixiで活発に利用されているコミュニケーションツールですが、オープンソースでSNSを構築してクローズドな環境を作っている方も少なくありません。クローズドなSNSの利用は主に趣味や知り合いなどのグループでの利用が多いです。...