VPSでファイルサーバを作る理由

VPSサービスでファイルサーバを運用する方が増えています。

ファイルサーバは従来、物理サーバで運用されることが多く、外部に出すことは少なかったのですが、VPNの利用、セキュリティソフトの導入、コスト削減などの目的でVPSサービスを利用する企業が増えています。
ファイルサーバでは権限をつけて管理されていますが、管理するソフトウエアがオープンソースであったり、Linuxなら標準インストールされることが多いなどからVPSサービスでも十分使える様になっています。


セキュリティについてはセキュリティソフトを追加したり、VPNで外部からの通信をシャットダウンすることで高めてきています。


特にこれまで対応がすすでいなかったVPSサーバでのVLAN対応はファイルサーバなど外部との接続を切りたいサービスには適しています。


VLANは複数台契約していれば無料で使えるサービスもあり、新しい標準機能として採用するサービスが増えています。

BIGLOBEニュース選びをサポートするサイトです。

また、VPNも組み合わせることでまるで社内にサーバがあるかのように利用できます。



ファイルサーバによってはウイルス対策ソフトと連携させることもできますのでファイルサーバの段階でセキュリティソフトを強化することもできます。

目的に応じたホスティング情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

ウイルス対策についてはクライアント側で行うのが多かったのですが、クライアントに触れる前に駆除することが大事になってきています。
これらのソフトは一般的にVPSサービスでも問題なく使えます。

関連リンク

  • サーバを使ったことが無い方でもVPSサービスを利用することが増えています。利用用途としてはWebサーバ、ゲームサーバ、SNSなどがありますが、どの利用方法であっても安定して安く利用できるので好評を得ています。...

  • Webサーバを建てるには自前でサーバを用意してもいいですし、レンタルサーバでもWebに特化したサービスが沢山あります。それでもVPSサービスが適している理由がいくつかあります。...